ゆりを出雲大好き女子 会員No.48

2019.01.14

女神と巨石

こんにちは。

成人の日になると二十歳の自分を

思い出したり出さなかったりします。

今年は思い出しました。

バスケ部でやたら体力あったな。

 

連休という言葉に乗せられ、松江へ出かけてみました。

近いし天気良かったし。

その道中、偶然通りかかった神社へふらり。

 

■神代神社(かむしろじんじゃ)

出雲市斐川町神庭にある神社。

神庭(かんば)という地名は出雲神話の中心地で、「神々が遊び給うた庭」という意味。

神代神社は、ウヤツベ(宇夜弁命)という女神を主祭神として祀っている。

権現山という山の中腹に社殿があり、山頂には女神が天からこの山に舞い降りたという

巨石が祀られている。

 

何も知らず立ち寄りましたが、

石段ですれ違った気さくな老夫婦に

「巨石まで行くのに20分もかかったよ」

「一人で行くのは危ないわよ」

と言われ、巨石まで行ってみることに。

だって気になるし…

 

石段を登った先の神社を抜け、

かろうじて足場のある山道を進んでいきました。

優しい夫婦の言葉を思い出しながら足下に注意して登っていくと、

山頂の開けた場所に巨石が現れました。

 

出雲の山々を見渡すように鎮座する巨石。

穏やかな風が吹き、暖かく照らされたこの場所に

確かに女神が舞い降りたのかもしれないと思えました。

 

道中は本当に辿り着けるのか不安でしたが、

会社員(26歳)の足で片道5分だったので

軽い運動におすすめです。

おかげさまで運動不足を実感。ゼエハア

ぜひ天気の良い日に行ってみてくださいね。

全部見る
 
もどる