ご縁ポストを利用された方からご縁ポスト係(縁結び定住課)にたくさんの「ご縁エピソード」が寄せられています。

 30年前、同じ教室で絵を学んでいた友人と数年前、お互いの個展で再会しました。

 ある時から故郷の島根に戻り、画家として活躍し、私も大阪で活動していました。

 お互い頑張ろうと話した後、今年、その友人から出雲大社行灯画奉納に誘ってもらい、出雲で再会することに。

 出雲大社がとりもつ「ご縁」の幅広さに驚くと共に感謝しています。

妹が、愛媛県であった出雲のイベントにて、私達の縁結びを祈願してくれました。

その後、順調に話が進み、台湾人の主人と結婚し、現在台湾に住んでます。

ご縁を結んで下さりありがとうございます。

私が高校一年、通学中にナンパされました。

少し、つき合い、すぐ別れたのですが、2人共色々あり、時が過ぎ、私36才で結婚。

相手はその時の男性です。

昭和50年頃、三重県に住んでいた私は、同居の両親が私のために出雲大社に参って、ご縁を祈願して来てくれました。その年の年末に、今の夫と知り合い、東京へ嫁いでまいりました。

出雲の神様の神通力を信じております。

この度、今年の6月、長女のためにお願いに夫婦にて参りました。3回もお参りしてきました。

二女、三女は、もう子供もいます。長女の事、きっと出雲の神様、おはからいくださると信じています。よろしく。

                  (神だのみの母)

青々たる柳葉、心を暖める温泉
点々たる蛍光、手を携える小道
○○○と○○○は1995年9月1日に知り合い、七年間別々に生活しましたが、2008年7月23日に恋に落ちました。七年間恋愛した後、2014年9月1日に、北京で結婚しました。2015年6月16日から6月30日まで、日本で新婚旅行をしました。
神様のご加護に感謝します。2015年6月22日に、二人は一緒に日本の出雲大社に来て、一生愛し続けること、幸福と知恵に恵まれ、お互いの人生の意義と価値を実現できる夫婦になるようにお祈りしました。神様に誓います。 
○○○ ○○○
2015年6月22日 ○○港にて

中国人の結婚されたばかりのご夫婦からメッセージが届きました。中国語を日本語に翻訳したものを掲載しています。

長女に、良いご縁がありますことを祈ります。母より

カカ(母)にありがとうを書きました。
結婚できなかった時にまた来ます。ありがとうございました。

両親に感謝の手紙を書きました。
ステキなポストをつくってくださり、ありがとうございます。❤

まだ、この16年間で最高のご縁には出会えていません。
小さなご縁がたくさん積み重なれば、いつか最高のご縁になると思えることが、自分とのご縁です。

私と主人の出会いは、大学生時代の部活(バレー部)のコーチと生徒との出会いでした。
ある日のこと部の練習が終わり皆で部室で着換えをしていました。
私が早くに着換え外に出て、乱れた靴をきれいに直していた所をずっーとコーチが見ていました。
卒業して私は京都に就職し、遠距離の時もあり、6年の月日が流れ、ついにゴールインしました。
不思議な縁で連りここまでの46年、ずっーと仲良く過ごしました。

前のページ
閉じる