usami出雲大好き女子会員No.47

2019.11.09

遭遇

こんばんは、うさみです!

 

先日、職場の同僚 兼うさぎ友達の友達である

占い師の女性が関東から遊びに来るとのことで

混ぜてもらって一緒に遊んできました〜!

 

 

さて、飛行機で来た彼女と合流し、向かったのが出雲大社さん。

天候不順により飛行機の着陸が遅れたので到着は18時前でした。

辺りは人の形がシルエットでしかわからないくらい暗い……

 

 

というのに、

 

 

なんかめちゃくちゃ人多くない???

 

 

不思議に思って調べてみたら、どうやら「世界糖尿病デー」ということで

出雲大社が青くライトアップされるイベントがあるということが発覚!

道理で参道にブルーライトが点々と道を作っていた訳だ…

 

ライトアップ前は御本殿前の八足門(お賽銭箱がある場所)に向けて

大勢の人がスマホやカメラを構えているので(点灯の瞬間が撮りたい?)

近寄れる雰囲気ではなく、参拝ついでに点灯を待ってみることに。

 

 

そしていよいよ18時を過ぎて、

 

 

点灯!!!

 

 

 

 

・・・・

 

 

 

・・・・・・・

 

 

 

 

・・・・・・・・微妙!!!

 

 

 

 

元々、綺麗なものは太陽の下で見たい性質なので

クリスマスや夜桜などのイルミネーションが好きではないことと、

ブルーライトアップがごく一部(門から覗き込んで見える程度)なので

大勢の人が必死になって本殿にカメラを向けたり覗き込んだりしている光景が

何だかすごく嫌だなあという気持ちに……。

逆側の空に浮かんでいた月と拝殿裏シルエットの方が綺麗だなと思ってしまったり

 

ライトアップ自体は糖尿病のことを沢山の人に知ってもらう機会として

素敵なイベントだと思うのですが、もやっとした疑問を感じてしまったのでした。

 

とはいえ出雲大社さんがライトアップされるのはこの日だけらしいので、

偶然でもイベントに立ち会えたのは良い経験になりました 😀 

 

 

 

友達とはその後 夜カフェしたり、

全員動物大好き人間のため翌日はフォーゲルパークを満喫したりしました〜 😳 

 

フォーゲルパークについてはまた次回!