ゆうま出雲大好き女子会員No.59

2020.06.07

足立美術館

晴れてお天気もよく、どこかドライブでもしようか。ということで兼ねてより行きたかった場所、足立美術館へ行ってきました!

 

噂には聞いておりましたが、この庭園の美しさは感無量です……。小田和正ぐらい、言葉に出来ない。

 

お庭鑑賞にしばし浸ったあとは、北大路魯山人のスペースへ。

飲食業に身を置く者としてはこの人の名前は聞いた事のないことはない、日本の食にものすごく影響を与えたビッグダディ。

グルメで、趣味の陶芸やら絵画もやってみたらすごい才能あった料理人、というイメージでしたが実際にちゃんと知ると結構イメージがガラッと変わりました。

 

北大路魯山人は、ただの趣味オタク。笑

 

好きだから没頭する、好きだから・欲しいから作ってしまおう、がオタクだと思っていて自分もそういう趣味があるのですが、北大路魯山人さんの作品には通ずるものを感じ取れて同じ人間なんだなーって思ったらすごくシンパシー感じてしまいました。

 

好きなものを好きなように作って、それが皆んなに喜んでもらって好評ならこんな幸せなことはないんですよね〜めっちゃわかる!って勝手に親近感湧いて膝を打つ始末。笑

 

他にも浮世絵で有名な北斎だとかの作品をちゃんと見るの初めてでしたが、日本の絵画って油絵に負けてるとずっと思ってました。色彩の豊富さでいったら水墨画なんて…て。

 

いやそんなことなかった!

 

むしろ黒い墨だけで、赤や青・紫や黄色と何色でも想像させてくる水墨画の技術のが遥かに凄すぎでしょ!!!

近年はタブレットや写真技術も向上しているので画面越しでは見たことのある作品でも、生の作品を見るとでは当たり前のことなのに分からなかった。

 

五感で楽しんで、初めて鑑賞したといえる。

目からウロコ出過ぎて眼球無くなりそうなほどの衝撃でした。体感する、超大事です。

コロナで体感する機会がもの凄く奪われていたので本当に新鮮で得難い機会を満喫出来ました。

 

インスピレーションめっちゃ刺激されたので頑張れそうです!