畑田 美和さん

東京都からIターン

畑田 美和さん

東京の保育園で栄養士として働いていた畑田さんは、平成25年に出雲市に移住。いくつかのお仕事を経験されたのち、現在は市内の産婦人科に勤務。 移住後に知り合った男性とご結婚も決まっているなど、公私ともに充実した日々を送る。

和田守 肇さん

東京都からIターン

和田守 肇さん

東京都江戸川区出身。高校卒業後、着ぐるみによるミュージカル劇団にて劇団員として勤務。並行して大道具や舞台監督などの仕事も掛け持つようになる。 その後、編集社やドラマDVD制作会社での勤務の後平成22年に出雲市に移住。市街地での暮らしを経て同市の海岸部である多伎町に移り住みご家族4人で暮らす。仕事の傍ら、キャリアを活かして「文化・芸術」を通じた活動にも多伎町で取り組む。

寺田さんご一家

北海道からIターン

寺田さんご一家

静岡県磐田市出身の哲康さんと、熊本県荒尾市出身の千恵子さんは、東京や北海道平取町での暮らしを経て平成25年に3人のお子さんとともに出雲市佐田町の古民家に移住。哲康さんは森林組合に、千恵子さんは出雲市湖陵町の企業でそれぞれ仕事をしながら、充実した田舎での日々を過ごしている。

持田 貴昭さん

徳島県からUターン

持田 貴昭さん

出雲市湖陵町出身。高校卒業後、徳島県の大学に進学。平成23年にUターンし、実家で暮らしながら市内で保育士として勤務。写真撮影や自転車、フットサルなど、趣味の幅も広く出雲での生活を満喫している。

荒木 陽子さん

大阪府からIターン

荒木 陽子さん

大阪府出身。大阪の大学を卒業後、リラクゼーションなどの仕事を経験。平成20年、ボランティアで訪れた出雲市唐川町に惹かれるとともに地元の男性と出会い、平成23年に結婚し移住。現在は育児をしながら、ヨガのインストラクターや子育て関連の講座を主宰するなど、出雲市内を中心に活動している。

大田黒 俊一さん

神奈川県からIターン

大田黒 俊一さん

東京都生まれ。神奈川県で技術系の仕事に就き、定年退職を機に単身で出雲市大社町鵜鷺(うさぎ)地区に移住。学生時代から現在に至るまでヨットを続けており、会社員時代には太平洋横断の経験もある。 鵜鷺地区は、鵜峠(うど)と鷺浦(さぎうら)からなる、人口240人程度の海辺の地区。

熱田 糸帆さん

兵庫県からUターン

熱田 糸帆さん

出雲市小山町生まれ。大学進学を機に東京へ。 卒業後は東京や神戸でIT関連の仕事を経験し、平成26年にUターン。 平成27年から出雲市駅から徒歩5分の場所に位置する元旅館を活用した宿泊施設「出雲ゲストハウス いとあん」を運営する。 ※ゲストハウスとは、素泊まりの宿で、主に1泊から数週間宿泊できる比較的安価な施設。

高須賀 千江子さん

神奈川県からIターン

高須賀 千江子さん

神奈川県横浜市生まれ。10歳より演劇を始める。 18歳よりコンテンポラリーダンスを始め、数々の舞台に出演。平成22年より神々に舞を捧げる「自然光ダンサー」として活動を開始。平成24年に出雲市に移住。出雲を拠点にダンサーやヨガ講師などとしてアーティスト活動を精力的に行う。

石飛さんご一家

大阪府からUターン

石飛さんご一家

出雲市多伎町出身の健一さんは、進学と就職のため関西で暮らしていた。仕事を通じて京都出身の比登美さんと出会い、平成25年に一家で多伎町の実家にUターン。ご両親と3世代同居で暮らし、島根県農業協同組合に勤める。尚、健一さんの父にあたる正治さんは、いちじく農家。

石橋 雄大さん

東京都からIターン

石橋 雄大さん

東京都葛飾区出身。高校卒業後、都内で会社員として勤務。平成18年に陶芸家を目指し退職。島根デザイン専門学校での勉強を経て出西窯に弟子入り。現在は正社員として働く。

大國 史英さん

東京都からUターン

大國 史英さん

出雲市神門町出身。大学進学を機に東京へ。25歳で帰郷し、広告代理店や旅館での仕事を経て就農。市内で「おおぐに自然農園」を営み、農薬・化学肥料を使わない野菜や米づくりに取り組む。その傍ら、生産者有志などで「まちなかオーガニックマルシェ」 も運営し、生産者と消費者の繋がりづくりも行う。

須田 郡司さん ひとみさん

滋賀県からIターン

須田 郡司さん ひとみさん

群馬県出身で写真家のご主人と、滋賀県出身で調理師の奥様。2013年、大社町真名井にIターン。住居でもある古民家を使い「ベジカフェ+ギャラリー まないな」をお2人で経営。その一方で、郡司さんは県内外での撮影や講演会など写真家としての活動も継続している。

神西 忠彦さん

大阪府からIターン

神西 忠彦さん

平成26年8月大阪府豊中市から移住。出雲は妻の父の実家でありよく訪れていたが、転職をきっかけに移住を決意。住まいを市の空き家バンクで、仕事を(公財)ふるさと島根定住財団の紹介で見つけ、今では一家全員で出雲での暮らしを満喫し、健康的な生活を送っている。

吉野 愛さん

兵庫県からIターン

吉野 愛さん

平成26年12月兵庫県三木市から移住。友人のUターンや、古事記に興味を持ったことをきっかけに出雲への移住を考えるようになる。現在、(公財)ふるさと島根定住財団の「しまね地域づくり活動体験事業」を利用し、出雲大社の神門通り周辺で活動中。

池澤 朝次さん

奈良県からIターン

池澤 朝次さん

平成24年4月奈良県奈良市から夫婦で移住。都会の喧騒から離れ、静かな場所で暮らしたいと、各県のUIターン説明会等で情報を集めていた。島根県の説明会に参加した際、出雲市のブースを訪れ、空き家活用住宅の入居者を募集していたのを知り、入居を決める。