がーこ出雲大好き女子会員No.78

2021.01.21

富士酒造

こんにちは。

この間お正月のブログに書いた出雲富士がおいしかったので、今回は酒蔵まで行ってみました🍶

JR出雲駅から北へ徒歩5分。飲食店が立ち並ぶ路地にあります。いい雰囲気です。

店内に入るとたくさんのお酒がドーーン!圧巻✨今回は、佐香錦でつくられた出雲富士をGet!

スッと飲みやすく後から優しい甘味を感じるおいしいお酒でした。ごちそうさまでした🙏

 

 

 

2021.01.19

風あるある

こんにちは。
寒い日が続いていますが、皆さんお元気ですか?

出雲は雪がちらついたり、風がビュービュー吹いてます。
出雲に来て驚いたのが、信じられないくらい風が強い🍃

という事で出雲の風あるあるを紹介したいと思います。

○自転車停めてもすぐ倒れる🚲️

○時々真っ直ぐに育てない木を見かける

○さっき晴れてたと思ったら、急に雪や雨に変わる

○全部の部屋の窓を閉めてるのに、部屋のドアがカタカタ揺れる

○追風に吹かれて身体が勝手に前に進んだことがある

○ボタンを閉めるタイプのコートだと風が入って来て寒い

移住する前は風が強いと言われてもあまりピンとこなかったのですが、実際に住んでみると布団をなかなか外に干せなかったり、ベランダに物が置けなかったり暮らしにも関わってくる事が多いです。出雲での暮らしは風との付合い方が大事です!

 

こんにちは。
先週は寒波到来に加え私は体調不良でダウンしてしまい、大変でした。凍結対策や食べ物の備蓄、かかりつけ医の大事さが身に染みました。

特に病院については大きい病院が近くにあるからと近くの診療所やクリニックを調べていなかったので、受診してくれる病院を探すのに一苦労。

私はここに相談をして病院を紹介して頂き、とても助かりました。

○熱が続いて受診すべきか迷う場合、かかりつけ医がいない場合や、かかりつけ医で受診できない場合

『健康相談コールセンター』(出雲保健所)
      電話番号:0853-24-7017
      開設時間:全日8:30~21:00


紹介して頂いた病院も電話すると親切に対応してくださって、本当に心強かったです。皆さんに感謝です。

日頃から食べ物や薬の備蓄、病院の場所など調べておくなど備えあれば患いなしを実感しました。 
それでは皆さんも体調には気をつけてください!!

2021.01.05

お正月

明けましておめでとうございます。

2021年元旦
初めて出雲で迎えるお正月という事で気合を入れました(笑)
お餅、数の子、出雲の地酒「出雲富士」を揃え、なんとなくお花を買いお正月をお祝いしました。
無事にお正月を迎えいいスタートを切る事ができました。

拙い文章ですが、ブログを読んでくださってありがとうございます。これからもわかりやすく出雲のことを伝えられたらと思います。今年もよろしくお願いします!

こんにちは。
今回は初めての地域見学について書きたいと思います。

まず移住支援をしているサイトを通して、興味のある地域の定住担当の方に連絡を取りました。

【事前に】
地域おこし協力隊の活動内容や気になる事を質問
         ↓  
見学したいと伝えると、是非来てくださいとのこと!!
日程を決める

         ↓

希望を伝えてスケジュールを立てて頂きました。

見たい所
スーパー、病院、警察、役所、美容院、銀行、郵便局、住むとしたらどんな物件があるのか

どんな事をしたいか
古民家に泊まりたい、○○が食べたいなど

【いざ出発!!】
マスク、消毒、コロナ接触確認アプリをダウンロードして出発。
コロナ禍の移動という事でかなり気を使いました。

駅で担当者と待合わせをし、まず自己紹介。
定住担当者も地域おこし協力隊で、地域の話や移住について、詳しくお話を聞くことができました。

その後、町を見て回り役所の方や他の地域おこし協力隊の方、移住してお店を始めた方、たくさんの人に会いました。
自分の目で見て、経験者の話を聞いて生活のイメージが湧き不安も無くなりました。2泊3日、とても濃い時間が過ごせました。

残念ながら地域おこし協力隊の結果は不合格だったのですが、田舎のイメージが変わる経験でした。

年齢や出身地もバラバラな面白い考えを持った人達が、新しい発想で自然や昔からの物、行事を守りながら変えていっているところがすごい。一言で言えば攻めてる田舎!
自由に外出できるようになったら、また行きたいと思います。

今移住を考えている方は、気軽に現地に行けなくてもどかしい想いをされている方も多いと思います。

こんな時だから焦らず健康第一でゆっくり。
良い移住先に出会えることを祈っています!!

前回、移住への道のり【きっかけ編】に続き今回は行動編です。

コロナが広がり、思うように事が進まず焦りました。悩みに悩んでいた日々です。でも、ここでたくさん考えた事や感じた事が先へ繋がっていくので大事な時期だったと思います。


①田舎でどんな暮らしをしたいかを想像
畑を借りて、自家菜園 養蜂もしたいな 
花とか植えてガーデニング 庭でのんびりティータイム・・・

車を運転して行動範囲を広げたいな 温泉とか山とかいろんな所に行きたいな・・・・

景色のいい所に住みたいな 夕焼けとか四季の移り変わりを感じるような所に住みたいな・・・

でも、ほどほどに人がいる所で買い物や病院とか近い所暮らしやすさも重要だよなぁ。。。

いろいろ夢を膨らませました !

 

②今、私が出来ない事
農業経験0!(昔、農家に憧れ体験をしましたが仕事にするのは無理)
ペーパードライバー(時々近所を運転して練習)

<条件>
農業を仕事にしない
車の運転が難しくなさそうな土地
ほどほど便利

③移住支援のサイトに登録、オンラインのイベントに参加
起業したい人、オンラインで仕事がてきる人、農業をしたい人、子どもがいる世帯で移住をされる方は支援が手厚い印象。

④地域おこし協力隊
1年~3年地方に住みながら、各種の地域協力活動を行います。その間活動費が支給されるというもの
これなら田舎暮らしを試しながら、お金も貰えるし、田舎初心者でも大丈夫かもしれない!


地域おこし協力隊の募集を探しました。そして、ある自治体へ見学をすることになりました。

次回は行動編2で初めての地域見学の様子を書きたいと思います。

こんにちは。
今日窓を開けたら雪が少し積もっていました!冬本番です。

思えば今年の1月までは、まだ名古屋で働いていてまさか島根に移住するなんて微塵も思っていませんでした。
今回から私の移住までの道のりを振り返ってみたいと思います。

【きっかけ】

1月末で仕事を辞めることになりました。今まで同僚と職場でじっくり話す機会がなく、ゆっくりお茶でもしようということになりました。

スラっとして綺麗な子なのですが、とても面白い子でお風呂に入る時に眼鏡をはめたまま入るとか(笑)、大型のバイクの免許を取ったとか。いろんな話をして盛り上がりました。

その子が前は農業をしていて、話を聞いているうちに何となく田舎に住むのも面白そうだなと何となく気になっていました。

2月になり職安へ行ったり、転職サイトに登録をして地元でも仕事を探しながら、田舎への移住の情報を集め始めました。

ちょうどその頃、コロナも広がりつつあり、友達に会う機会やイベントも中止になり、少しずつ外に出る機会が減って行きました。

家で窓の外を見てもひしめき合う近所の家と電線と狭い空。。。なんか虚しい。

家でTVを見る、ネットで情報を集める日々が続き、広い景色のいい田舎で暮らしたいなという気持ちが日に日に強くなっていきました。

ある日ふと海に行きたいなと思い、稲佐の浜へ行きました。 

一畑電車に乗って、出雲大社到着。
すると何人かの人がある通りから稲佐の浜の方へ向かって行くのを見ました。

通りの名前は神迎の道!(かみむかえのみち)
なんてありがたい名前。よし、この道から稲佐の浜へ行こう。

のどかな住宅街で所々に飲食店があり、散歩に丁度いい通りでした。だいたい15分~20分くらいで稲佐の浜へ到着!!
目の前に広がる景色に感動&信じられないくらい強い風
悪いものが全部吹っ飛んだ気がしました(笑)

最近、寒くなって温かいものが恋しい季節になりました。
こういう時はやっぱりラーメンが食べたい!!

調べてみると蕎麦屋さんのラーメンが美味しいという口コミを発見し、風月庵さんへ行って来ました。
出雲市駅から南へ徒歩15分くらいです。

お店に着くとお昼時だったこともあり、行列ができていました。
メニューも充実していて蕎麦、ラーメン、うどん、丼もの、定食もありました。

そして念願のラーメンを注文。1杯 600円。
さっぱりとした澄んだスープで、レンゲが止まりません(笑)
具のバランスも良く、麺もツルツルでおいしいラーメンでした。
ご馳走様でした。

スーパーで発見!
のどぐろポテトチップ!!

普通のポテトチップより大きな袋で400円(税抜)
食べてみるとほんのり魚を感じ、ポテトのギザギザ食感がよかったです。

のどぐろの味かと言われると、私は1回だけのどぐろの茶碗蒸しを食べた事しかなくそもそものどぐろの味を知らないので、正直わかりませんでした(笑)でも、出雲感を味わえたのでよかったです。